外壁塗装に必要な時期や季節毎のメリット・デメリット💖

いつまでも幸せ光輝くマイホームと笑顔溢れるご提案💖

一宮市外壁塗装・雨漏り専門店 株式会社 安芽です。

春先を目処に外壁塗装をご検討の皆様に☘

「外壁が汚れてきた」とか「ひび割れや苔が目立つ」「建てて10年程経過している」など、外壁の塗り替えを検討している方へ向けて、塗装が必要なタイミングや、外壁塗装に適した時期をご紹介します。 家の外壁がお客様の目で見て汚れてきたと感じても、実際にどのタイミングで塗り直しを行えばいいのか判断しづらいものですよね?

塗り直しを行う時期や周期の目安と、チェック項目を詳しくご紹介します。 また、塗装工事には適したシーズンというものもありますので季節ごとの解説を参考にしてくださいね♪

外壁塗装の時期は劣化状態で判断

お家を建ててから、もしくは、前回の塗装工事から、外壁塗装が必要になるまでの周期の目安は、約10年ほどと言われています。
使用される塗料にもよりますが、外壁塗装に使われる塗料の寿命はおよそ5~15年で長いものでも25年程度です✨

特に汚れなどが目立つわけではなくても、塗膜の効果が薄れていたり、気付きにくい部分から劣化が始まったりしている場合もあります。
長く住み続けるためにも、外壁は10年を目安に塗り直しを行う事をお勧め致します☘

また、塗装の周期に関わらず、見た目の劣化から外壁塗装の必要性を判断することも大切です😊
塗料の耐用年数内であっても、環境によっては想定より早く劣化が起こることがあります。
時々外壁を注意深く観察し、カビやコケの発生、ひび割れや塗装の剥がれ、色あせなどが起こっていないかどうかを確認しましょう♪
これらが目視できたら、塗り替えを行ったほうがいいタイミングです💕

見るだけでなく、外壁を実際に触ってみるのもチェック方法としては有効です。
外壁に触れたとき、手に白い粉が着く「チョーキング現象」が発生している場合は、外壁塗装を検討すべき時期であると判断できます。

外壁塗装が必要な理由

建物の外壁は、24時間365日、雨風や紫外線にさらされ続けています。
そのため、建てた当初は何の問題もなくて、頑丈そうに見えた外壁も、長い時間が経過するにつれ徐々に劣化していくことは、どうしても避けられません。

よく見られる劣化の初期症状として、塗装が変色しているのは、決してすぐに塗り替えるべきというタイミングではないですが、リフォームを検討していい時期に見られる症状だと思います☘
さらに変色が進行すると、チョーキング現象が発生し、この状態になると外壁の防水性が低下してきて外壁材本来の良さを悪くしてしまうと言えます。

また、壁に小さなひび割れがあると、そこからカビやコケが発生する原因にもなり、劣化をさらに進行させてしまいます。
そして、この状態のまま長期間放置すると、大きくなったひび割れ部分から雨水が侵入することも考えなければなりません。

外壁だけでなく、建物内部の構造にまで影響を与えてしまう可能性があります。
最終的には、外壁塗装だけでは済まずに、外壁の交換や、構造自体の修理が必要になるかもです。
このようなトラブルを未然に防ぐために、定期的な塗装を行い、外壁の機能を保っておく必要があります☘

これまでお話しで一つでもお心当たりや気になる点などございましたら、お気軽にお問い合わせお願い致します☎

#一宮市外壁塗装

#一宮市住宅塗り替え

#一宮市戸建て塗り替え

#江南市外壁塗装

#稲沢市外壁塗装

#一宮市防水工事

#一宮市躯体修繕工事

#商業施設塗り替え

#一宮市躯体補修工事

#RC再生工法

#雨漏りお悩み

#名古屋市防水工事

#アパート所有オーナー様向け修繕工事

#駐車場舗装工事

#マンション所有オーナー様向け修繕工事

お問い合わせ➿ 0120-08-0073

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る