欠損・爆裂補修工程写真

壁の割れや亀裂を残したままにしておくと、壁が剥がれ落ち崩壊する可能性があります。
そのためにもシッカリとした補修が必要です。
ただ塗装するだけでは、見た目は良くなりますが1年未満でまた亀裂が入り崩壊のリスクがあります。
当社の極美師たちは次のような工程を行い、10年・20年と安心して住んでいただけるようにします。

1. 爆裂・亀裂
クリア・エヌ 001

2. 壁の浮いているところから工事してもよくならないため、一度取り除き中から補修します
クリア・エヌ 005

3. 錆をブラッシング
クリア・エヌ 006

4. 清掃を行い、さらに中をキレイに
クリア・エヌ 007

5. プライマー(軽モルタルを接着させるためのボンド)を塗りこむ
クリア・エヌ 008

6. 軽モルタルを塗りこむ
クリア・エヌ 010

7. 仕上げ(なじませて元の壁との段差をなくす)
クリア・エヌ 011

8. 完成
クリア・エヌ 012

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る